野球

大学生ドラフト候補2020予想!投手・野手一覧

野球ファンにとっては、早くも気になりだすプロ野球ドラフト会議の候補。

ドラフト候補2020では、大学生から1位指名がでるのか?!

2019年は、森下暢仁投手一人だけでしたよね。

 

そこで、今回は大学生のドラフト候補2020の予想をしてみました。

投手・野手のドラフト候補予想(大学生編)をお伝えします。

大学生ドラフト候補2020予想 投手編

では、早速大学生のドラフト候補予想2020をお伝えしていきますね!

まずは、投手のドラフト候補予想です。

ドラフト候補2020の予想:村上頌樹(東洋大学)

抜群の制球力と持ち球の多さが武器の村上頌樹投手。

ほぼ間違いなく2020年のドラフト候補に挙がるでしょう。

制球力に優れ、インコース・アウトコースともに正確に投げ分けます。

 

変化球も、スライダー・カーブ・チェンジアップ・フォークと緩急をつけられる球種を持ち合わせています。

また、変化球のコントロールも正確性が高いです。

150キロ近い速球をも制球できるように成長し、安定感した投球ができています。

 

バッターにとっては非常に厄介な投手に仕上がってきていますね。

一年生の頃には春リーグで新人賞も獲得し、常に注目を浴びている選手でありますが・・。

 

その期待を裏切らずに成長し続けるメンタルも素晴らしい。

プロとしても活躍できる能力を秘めている選手で、上位指名の可能性も十分あると予想しています。

ドラフト候補2020予想:入江大生(明治大学)

続いて、大学生ドラフト候補予想に挙げるのが明治大学の入江大生選手(投手)。

入江選手は高校時代には、一年生の秋からベンチ入りし2・3年で甲子園に出場。

3年生で甲子園優勝し、さらに日本代表にも選ばれるという実力とともに経験値も豊富な選手。

 

大学時代にその実力をさらに強化すべく、増量とフォーム改造を実施!

最速150キロまで投げられる大型投手にまで成長しています。

変化球では、バッターの手元で鋭く縦に変化するスライダーが持ち味。

 

この2つでバッターを揺さぶるプロ顔負けの投手に育ちつつあります。

ただ、制球力にまだまだ伸びしろあり・・。

そこを成長させる自信のある球団がドラフト会議で指名してくるのでは?と予想しています。

スポンサーリンク

大学生のドラフト候補2020予想 野手編

続いて、大学生ドラフト候補予想2020の野手編(外野手・内野手)です。

ドラフト候補2020予想:佐藤輝明(近畿大学)

身長186cm、体重92kgの大柄な体格の佐藤輝明選手(三塁手)。

大柄な体格を活かした大きなスイングと抜群のミート力で、きついコースの球をも逆方向にホームランを飛ばせる選手。

 

持ち味の力強いバッティングとともに、ボールをしっかり見極められる選球眼を持ち合わせているのが佐藤輝明選手です。

今後この選球眼と得意なコースを増やしていくことで、飛躍的な成長が期待できるでしょう。

 

また、大柄でありながら足も速い。

そして肩も強いため、守備の面でも広い選択肢を持つことができるためかなり伸びしろがあります。

 

ドラフト候補2020予想:牧秀悟(中央大学)

中央大学の2塁種・牧選手は、バッティングも守備力も全体的にレベルが高い。

総合力が非常に高い選手であり、どの球団でも安定した活躍が出来ると思います。

 

その為、プロ野球ドラフト会議多くの球団が欲しがる選手なのではないか予想しています。

大学2年の秋には副キャプテンになり、三年の夏には日本代表にも選出される活躍ぶり。

 

知名度・注目度も高いので、知っている人も多いはず。

バットコントロールに優れ、どのコースのボールに対してもうまくバットを出せる選手ですね。

 

逆方向に打つなど器用さも光ります。

守備の面でも安定感があり、遠投・脚の速さにも自信がある選手でプロ野球での活躍が期待できます。

高校野球のドラフト候補2020を予想!投手・野手は?高校野球から2020年にドラフト候補に挙がる選手は誰になるのか?!こちらでは投手陣に絞り、高校生のドラフト候補2020予想をしてみました。注目の投手とともに、1位指名は誰になるのか?!について展望を示しています。...
スポンサーリンク

大学生ドラフト候補2020予想 まとめ

大学生ドラフト候補予想2020をお伝えしました。

秋のドラフト会議まで、まだ時間があるので動向を見ながら変更・追記していきます!

2020年のプロ野球ドラフトでは、大学生1位指名が何人でるか?!楽しみですね。