野球

東海大相模野球部2020ベンチ入りメンバー出身中学!注目選手・監督も

2020年甲子園センバツ交流試合に出場する東海大相模高校野球部。

神奈川県・東海大相模野球部は、これまで春2回・夏2回で甲子園で優勝を果たしています。

 

今年の東海大相模野球部も役者が揃っていて、センバツでの活躍が期待されただけに中止は残念でした。

今回は、その東海大相模高校野球部の2020メンバー出身中学・チーム、さらに注目選手と監督についても詳しくご紹介しますね。

東海大相模野球部2020メンバーの出身中学・チーム一覧

まず、甲子園交流試合にする東海大相模野球部メンバーの出身中学・出身チームの一覧からお伝えしていきます。

以下の出身中学・出身シニアの表は左右にスライドできます。
背番号 選手名 ポジション 出身中学
出身チーム
出身地
1 諸隈惟大(3) 投手 佐倉シニア 千葉
2 神里陸(3) 捕手 沖縄南星中 沖縄
3 茂谷光(3) 内野手 川崎中央シニア 神奈川
4 加藤響(3) 二塁手 海老名シニア 神奈川
5 吉沢悠佑83) 三塁手 調布シニア 東京
6 山村崇嘉(3) 内野手 武蔵府中シニア 神奈川
7 西川僚祐(3) 左翼手 佐倉シニア 千葉
8 鵜沼魁斗(3) 中堅手 千葉西シニア
9 松本陵雅(3) 右翼手 秦野シニア 神奈川
10 石田隼都(2) 投手 真岡ボーイズ 栃木
11 笠川洋介(3) 控え 東山クラブ 愛知県
12 小島大河(2) 控え 相模ボーイズ 神奈川
13 門馬巧(3) 控え 相模原BBC 神奈川
14 大塚瑠曇(2) 遊撃手 小山ボーイズ 栃木
15 河辺壮太(3) 控え 東村山中央ボーイズ 東京
16 金城龍輝(2) 投手 横浜緑ボーイズ 神奈川
17 小平直道(3) 控え 湘南平塚北シニア 神奈川
18 鶴田大翔(3) 控え 秦野ボーイズ 神奈川
19 高橋颯太(3) 控え 横浜緑シニア 神奈川
20 稲野辺元太(3) 控えめ 湘南クラブボーイズ 神奈川

 

東海大相模野球部2020の監督

東海大相模高校野球部の監督についてご紹介します。

監督:門馬敬治
読み方:もんま けいじ
生年月日:1969年12月18日生まれ
指導歴:1999年~(監督)
出身高校/大学:東海大相模高校/東海大学

東海大相模野球部の監督を務めるのは、門馬敬治監督。

門馬監督自身も東海大相模高校出身で野球部でした。

東海大相模野球部の主将を務めましたが、在学中に甲子園出場はありません。

 

その後、東海大へ進みますがケガの為マネージャーを務める形に。

東海大学を卒業後に原貢監督のもと、コーチを経て1999年(当時29歳)で監督となりました!

 

これまで東海大相模は春夏4度の優勝がありますが、そのうちの3回は門馬監督によるもの。

原貢元監督からは自分の後継として、監督業を叩きこまれています。

 

原貢元監督の目に留まったのは、大学時代にケガで苦労して裏方に回った時。

マネージャーに回ったことで門馬監督が、指導者としての資質があると見抜かれたようです。

 

門馬監督は、原さんを「おやじさんは人生の教科書」というほど尊敬しています。

その尊敬する恩師の教えをもとに、しっかりと伝統の積極的な走塁と堅守をモットーの「アグレッシブ・ベースボール」を継承。

 

東海大相模野球部メンバーへの指導は、厳しいですが情に厚い指導者。

息子の大さんも東海大相模の選手として活躍しましたが、グランド上では一切、父親の顔は見せませんでした。

 

また門馬監督の娘・花さんもマネージャーとして活躍され、一時期父子3人が東海大相模のグランドに立ち一丸となり頑張っていたんですよね。

このことからも門馬親子のお互いの信頼度が伺え、同時に門馬監督の人柄も読み取れますね^^

スポンサーリンク

東海大相模野球部2020の注目選手は?

では、センバツ甲子園交流試合2020に出場が決まった東海大相模高校野球部の注目選手を見ていきましょう。

大阪桐蔭野球部ベンチ入りメンバー2020の出身中学!注目選手・監督も!2020甲子園高校野球交流試合に出場する大阪桐蔭野球部ベンチ入りメンバーとその出身中学やチーム(シニア)一覧はこちら!さらに大阪桐蔭野球部2020の注目選手や監督、チームについてなど詳しくお伝えしています。...

 

東海大相模野球部の注目選手:西川僚祐

西川僚祐 プロフィール

読み方:にしかわ りょうすけ
背番号:7番
学年:3年
生年月日:2002年4月19日
身長/体重:186cm/94kg
ポジション(投打):左翼手(右投右打)
出身地:千葉

プロも注目のスラッガーとなっているのが東海大相模・西川僚祐選手。

186cm94 kgのガッシリした体格の長距離打者です。

中学時代から注目選手で「佐倉シニア」では主将、4番でジャイアンツカップで優勝しています。

 

決勝では、東京ドームでホームランを放つ活躍ぶり!

高校入学後も1年夏の神奈川予選ではホームランを打っています。

ここまで通算本塁打は53本、OBの太田泰示選手(日本ハム)の65本に迫る勢いです。

 

太田選手が目標でもありますが、西川僚祐選手はホームランに拘っているわけではありません。

低く力強い打球でチームに貢献することこそが、自分のやるべきこととしています!

 

高校野球交流試合では、その低く力強い打球が見られるのか?

東海大相模の注目選手・西川僚祐選手の活躍が楽しみです。

 

東海大相模野球部の注目選手:山村崇嘉

山村崇嘉 プロフィール

読み方:やまむら たかよし
背番号:3番
学年:3年
生年月日:2002年9月28日生まれ
身長/体重:178cm/83kg
ポジション(投打):一塁手(右投左打)
出身地:神奈川

続いての東海大相模野球部の注目選手は、山村崇嘉選手。

投打ともに高いレベルを持ち併せる二刀流選手です。

中学時代はリトルシニア日本代表に選ばれ、全米選手権大会で優勝しています。

 

投手では、角度のある140キロの速球とスライダー、チェンジアップで打者を抑えるのが強み。

投手としての出番もあるかもしへたせゆね。

 

また、打者としても通算44本の本塁打を数え、長距離砲として君臨します。

ふところの深いフォームが特徴なので、山村崇嘉選手のフォームにも注目です。

スポンサーリンク

東海大相模野球部の注目選手:鵜沼魁斗

鵜沼魁斗 プロフィール

読み方:うぬま かいと
背番号:8番
学年:3年
生年月日:2002年
身長/体重:175cm/74kg
ポジション(投打):中堅手(右投右打)
出身地:千葉

長打のある一番バッターとして、1年時から注目されてきたのが鵜沼魁斗選手。

バントヒットも狙う巧さと、通算本塁打27本のパワーをも持ち併せています!

 

俊足で守備範囲が広く守りの要として活躍するのが鵜沼選手。

昨年は2年生ながらU18日本代表に選ばれ、今後の活躍に期待が高まります!

東海大相模野球部の注目選手:加藤響

加藤響 プロフィール

読み方:かとう ひびき
背番号:4番
学年:3年
生年月日:2002年
身長/体重:178cm/73kg
ポジション(投打):遊撃手(右投右打)
出身地:神奈川

パワフルな打撃と肩の強い守備が自慢の加藤響選手。

ややアッパースイングでスイングスピードが速く、力強い打球を放るのが特徴です。

新チーム以来、恐怖の二番打者でしたが、関東大会からは3番打者を任されています。

 

監督からも、走攻守にソツがないと言われるほど。

今後さらにスケールの大きな選手になる可能性を秘める選手として、監督の期待も厚い注目選手です。

 

東海大相模野球部の注目選手:諸隅惟大

諸隅惟大 プロフィール

読み方:もろくま いっと
背番号:1番
学年:3年
生年月日:2002年7月1日生まれ
身長/体重:177cm/76kg
ポジション(投打):投手(左投左打)
出身地:千葉

東海大相模野球部を投手として引っ張る諸隅惟大選手。

左サイドからの鋭い腕の振りで130キロ強のストレート。

そして、スライダー、カーブ、チェンジアップの緩急をつけた投球が持ち味の技巧派投手です。

 

小学校の時はロッテジュニア、中学では佐倉シニアでジャイアンツカップ優勝と大舞台で活躍し経験値は高い。

その経験値もあり、マウント度胸は満点です!

 

そんな諸隅惟大選手ですが、バッターに助けてもらっているという意識あるそう。

投手が抑えて勝つということを目標に、日々努力を積んでいます。

東海大相模野球部の注目選手:神里陸

神里陸 プロフィール

読み方:かみざと りく
背番号:2番
学年:3年
生年月日:2002年生まれ
身長/体重:167cm/69kg
ポジション(投打):捕手(右投左打)
出身地:沖縄

監督がキーマンに挙げているのが、この神里陸選手。

兄は、横浜DeNAベイスターズの神里和毅選手です。

お父さんも阪急、阪神で活躍した石嶺和彦さんとバッテリーを組み、甲子園に出場しています。

 

その父曰く「野球センスは兄より上」とのこと。

新チームから内野手から捕手にコンバート(専門守備位置の変更)され、今後は捕手としての活躍が楽しみです。

 

沖縄出身ということもあり、あだ名が”しまんちゅ”。

なんだか、親しみある感じでいいですね

東海大相模野球部のチーム特徴は?

何といっても破壊力抜群の打力が目立ちます。

1年生からレギュラーの選手が数人いて、今センバツでも屈指の打撃力を誇ります。

なかでも西川僚祐はプロ注目の選手で、どんな活躍を見せてくれるのかワクワクします。

 

投打で比較すると、投手力を含めた守が見劣りする点もありますが・・。

投げる方では諸角惟大投手、石田隼都選手のダブル左腕に今春は山村崇嘉が加わり厚みを増しています。

 

関東大会では、乱れをみせた東海大相模の守備も、この冬徹底して鍛え直しました!

秋以上にチーム力は上がっているので、東の優勝候補筆頭といっても良いでしょう。

スポンサーリンク

東海大相模野球部2020メンバー出身中学・注目選手 まとめ

東海大相模は、昨秋の関東大会は優勝候補に挙げられていましたが・・。

健大高崎に2-8で敗れベスト4止まりでしたね。

今夏の神奈川大会では、甲子園交流試合を挟み19日に準決勝に挑みます!

 

東海大相模野球部は、タレント揃いで実力は誰もが認めるところ。

昨秋から、どれだけチームアップしているか甲子園交流試合での闘いぶりに期待しましょう