野球

常総学院野球部メンバー2021の出身中学!注目選手・監督も

選抜高校野球2021に出場が決定した茨城県の常総学院高校野球部。

秋の関東大会で準優勝した常総学院は、5年ぶり10回目のセンバツ出場です。

常総学院は、春夏1回ずつ全国制覇した強豪校の一つ。

 

かつて「木内マジック」と称された名将木内幸男元監督の教えを受け継ぎ、島田監督が初陣として甲子園に乗り込みます。

そこで、今回は春の選抜高校野球2021に出場する常総学院高校野球部ベンチ入りメンバー2021の出身中学・シニア一覧、

脚光を浴びそうな注目選手・監督についてもご紹介します。

常総学院野球部メンバー2021の出身中学・チーム一覧

では、常総学院野球部のセンバツ高校野球2021登録メンバー一覧と、出身中学や出身チームを一覧でご紹介します。

雑誌:輝け甲子園の星 2021年3月号(センバツ出場校ダイヤモンド名鑑)

以下、秋季大会の登録メンバーです。
センバツ高校野球2021の登録メンバーが発表され次第、更新します!

出身中学・チーム(シニア)一覧表は左右にスライド可能です。

※新学年で記載

No 選手名 学年 ポジション
投打
出身中学/チーム
1 秋元璃空 3 投手
右/右
江戸川中央リトルシニア
2 田邊広大
3 捕手
右/右
川崎中央リトルシニア
3 青木良弘 3 内野手
右/右
稲城リトルシニア
4 太田和煌翔 2 内野手
右/左
千葉市リトルシニア
5 伊藤琢磨 3 内野手
右/左
那須野ヶ原ボーイズ
6 三輪拓未 3 内野手
右/右
東京城南ボーイズ
7 小野悠人 3 外野手
右/右
いわきボーイズ
8 中村蒼 3 外野手
右/右
竜ヶ崎リトルシニア
9 宮原一綺 3 外野手
右/左
水戸東リトルシニア
10 大川慈英 3 投手
右/左
湘南ボーイズ
11 伊藤地宏 2 投手
左/左
京葉ボーイズ
12 柴田翔太郎 3 外野手
右/右
埼玉SPベースボールクラブ
13 加藤颯 3 内野手
右/左
墨田リトルシニア
14 奥野慎之助 3 内野手
右/左
筑波ボーイズ
15 塙紫音 3 内野手
右/右
江戸崎ボーイズ
16 手塚大翔 3 内野手
右/左
栃木ヤングベースボールクラブ
17 鳥山穣太郎 3 内野手
右/左
日本大学第二中学
18 坂本駿 2 投手
右/右
江戸川中央リトルシニア

★=主将

スポンサーリンク

常総学院野球部2021の注目選手・展望

では、春の甲子園・選抜高校野球2021で活躍が期待される常総学院高校野球部の注目選手もご紹介します。

雑誌情報:輝け甲子園の星 2021年3月号(センバツ出場校ダイヤモンド名鑑)

 

常総学院野球部2021の注目選手:秋本璃空/投手

常総学院の厚みのある投手陣の中で、秋からエースナンバーとなった秋本璃空投手。

中学時代に全国ベスト4の実績を持ち常総学院野球部に入部。

コロナで自粛が続く中、投球に磨きをかけ球速は140キロを超えるまでに成長しています。

 

強豪ひしめき合う関東大会では、準決勝までは自責点0。

決勝の健大高崎との戦いで、更にこの春成長し選抜大会のマウンドに君臨する注目投手です。

常総学院野球部2021の注目選手:田邊広大/捕手

2021年新チームの主将として、常総学院の投手陣に限らず、野球の猛者達を纏めるのが田邊広大選手。

小学生・中学生と代表選手として招集される実力のある選手!!

現2年生(新3年生)の段階で2塁送球タイムは2秒を切ってきます。

 

関東大会でも見せた田邊広大選手の巧みなリードと状況判断は、大きな大会になればなるほど発揮されてきます。

島田監督との意思疎通は、試合の中で注目すべき点になってきます!

スポンサーリンク

常総学院野球部2021の注目選手:三輪拓未/内野手

2019年/1年の秋からベンチ入りし、2021年新チームの主力といえる選手になっている三輪拓未選手。

中学時代には、日本代表に選出され世界大会も経験しています。

広角に打ち分けるセンスの良い打撃で、関東大会でも5割近い成績でチームの準優勝に貢献しました。

 

打順も3番という事で打撃に注目されがちですが、プロも注目するショートの守備では安定した送球が目立ちます。

1年生から活躍していますが、まだまだ成長過程。

春・夏とスケールの大きくなる姿に注目したいですね。

 

常総学院野球部2021の注目選手:大川慈英/投手

秋本投手と常総学院の二枚看板の一人が、大川慈英投手です。

体格的には細身に見られますが、球速は現段階で145キロを超えています。

ダブルエースと称されるように関東大会の準決勝においては、東海大甲府を6回1安打に抑え、選抜出場に繋がる結果を出しています。

 

球速は、秋本選手以上であるだけにこのままエースナンバーを渡したままでは終わらない逸材といってもいいでしょう。

チーム一の秀才とも言われており、この春から本格的な成長を見せてくるはず。

常総学院野球部のチーム内での競争が、更に常総学院の底上げに繋がるポイントを担う選手です。

スポンサーリンク

常総学院高校野球部2021 監督

常総学院を率いるのは、島田直也監督(1970年生まれ)。

常総学院から日本ハムにドラフト外で入団、その後横浜大洋(現DeNA)、ヤクルト、近鉄へ移籍し16年間プロで活躍しました。

 

高校時代は3年生の時、エースとして春夏甲子園に出場して夏には準優勝しています。

16年のプロ生活では、1998年の横浜ベイスターズの優勝に貢献。

引退後はプロ3球団(独立リーグ含む)でコーチ、監督を務め2020年3月に常総学院野球部のコーチに就き、7月から監督に就任しています。

 

監督就任当初は、「プロ経験者だからすぐ結果が出るだろう」という周囲の目のプレッシャーから眠れない日々が続きました。

そんな時、恩師木内幸男元監督からの教えを思い出し、こんな時には木内監督ならどうしているだろうか、自問自答して乗り越えてきました。

 

その結果、選手一人ひとりの長所を活かす指導に徹しようと決めました。

選手との会話を重視し、時には慰め、時には厳しく、笑顔を交えて選手たちを指導。

その成果が、このセンバツ高校野球2021出場という好成績に繋がりましたね。

スポンサーリンク

常総学院高校野球部2021はどんなチーム・展望

言わずと知れた茨城県を代表する高校野球・強豪校の常総学院高校。

名将木内監督の下 、常総学院が全国区になった時のエースの島田直也監督が2020年秋・新チームから指揮をとっています。

以前は、甲子園の抽選会で相手チームに喜ばれる屈辱を味わった事もある茨城県代表。

 

ですが、常総学院が人気が出始めた頃と同様に茨城県内の高校の実力も上がっていきます。

現在では、常総学院を中心に・・・。

関東圏の中学で活躍した選手は、茨城県内に進学し常総学院野球部を秋の県大会決勝で破った鹿島学園のよう実力が上げた高校も増えています。

 

常総学院野球部ですが、秋の関東大会では健大高崎に敗れ準優勝に終わりました。

ですが、2枚看板を中心に揃った投手陣。

 

切れ目のない打撃は、この冬の期間で大きく成長しているに違いありません。

そんな常総学院野球部は、選抜高校野球でも上位に位置するとみています。

常総学院野球部メンバー2021 出身中学・注目選手 まとめ

選抜高校野球2021に出場が決まっている茨城県・常総学院野球部メンバーについてご紹介しました。

常総学院野球部は、元プロの島田直也監督にスポットが当たりがちですが、エース2枚看板を擁する実力校。

誌面では、ダークホースに挙げられています。

 

その常総学院は、選抜2021の大会5日目に敦賀気比と対戦します。

敦賀気比は、北信越王者でセンバツ優勝もある名門で、初陣を飾る島田直也新監督にとっては不足ない相手でしょう。

常総学院どんな戦いぶりをみせるのか、センバツ甲子園では好試合が期待されます。