野球

専大松戸高校野球部メンバー2021の出身中学!監督や注目選手も!

春のセンバツ高校野球2021に初出場する千葉県代表・専大松戸高校野球部。

秋の関東大会でベスト4入りしていましたし、初出場はほぼ決まっていたようなものでしたね。

 

ここ数年でも、しっかりと力を付けてきている印象の千葉・専大松戸野球部。

初出場の春の選抜高校野球では、どんな戦いぶりを見せてくれるのか楽しみです。

こちらでは、その専大松戸高校野球部メンバー2021の出身中学やシニア一覧、監督や注目選手などについても詳しくお伝えします。

専大松戸高校野球部2021メンバーの出身中学・チーム一覧

まず、センバツ高校野球2021に初出場が決まった専大松戸高校野球部

2021年の登録メンバーの出身中学・出身チームの一覧からお伝えしていきます。

 

※秋季大会ベンチ入りメンバーです
選抜高校野球2021の登録選手が発表され次第、更新します。

以下の出身中学・出身シニアの表は左右にスライドできます。

 

背番号 選手名 ポジション
投打
出身中学
出身チーム
出身地
1 深沢鳳介(3) 投手
右/右
江戸川区立上一式中学 東京
2 加藤大悟(2) 捕手
右/右
松戸市立小金中学 千葉
3 山口颯大(3) 内野手
右/右
印西市立本埜中 千葉
4 大森駿太朗(2) 内野手
右/右
松戸市立常盤平中 千葉
5 平田未来(3) 内野手
右/右
佐倉リトルシニア 千葉
6 石井詠己(3) 内野手
右/右
葛飾区立水元中 東京
7 吉岡道泰(3) 外野手
右/左
江戸川中央リトルシニア 東京
8 苅部力翔(3) 外野手
右/右
江戸川区立上一色中 東京
9 奥田和尉(3) 外野手
右/左
野田市立南部中 千葉
10 岡本陸 (3) 投手
右/右
江戸川中央リトルシニア 東京
11 鈴木良麻(2) 投手
右/右
八千代中央リトルシニア 千葉
12 高橋秀昌(3) 捕手
右/右
市川市立第三中 千葉
13 横山瑛大(2) 捕手
右/右
八千代中央リトルシニア 千葉
14 石上遥樹(3) 内野手
右/右
江戸川区立立上一色中 東京
15 黒須堅心(2) 内野手
右/左
京葉ボーイズ 千葉
16 米山善(2) 内野手
右/右
松戸中央ボーイズ 千葉
17 竹葉洋太(2) 投手
右/左
佐倉リトルシニア 千葉
18 佐野涼翔(3) 外野手
左/左
鎌ヶ谷リトルシニア 千葉
スポンサーリンク

専大松戸野球部2021の注目選手は?

では、センバツ高校野球2021に出場が決まった専大松戸高校野球部の注目選手を見ていきましょう。

専大松戸野球部2021の注目選手:深沢鳳介

専大松戸高校野球部で、秋の大会からエースとなった深沢鳳介投手。

東京の有名軟式野球部出身で全国ベスト4にも導いた実力派。

同校には硬式出身投手も多いですが、サイド気味から投げる140キロ近い直球と曲がりの大きいカーブで、打者を翻弄。

 

関東大会では、茨城の鹿島学園・神奈川準優勝の鎌倉学園を無四球・完封!

専大松戸野球部の選抜高校野球出場を確定的にしました。

 

この秋の防御率は、1点台で安定した投球をしています。

深沢鳳介投手の選抜大会での熱湯に注目です。

専大松戸野球部2021の注目選手:大森駿太郎

専大松戸高校と同じ松戸市内の中学軟式野球部出身の大森駿太郎選手。

U15軟式日本代表にも選出されるほどの逸材です。

秋の大会では、1番打者を努めていました。

 

1試合平均2盗塁の専大松戸野球部を象徴すべく、足を絡めた攻撃と堅実な守備で1年生秋よりレギュラーの座を掴んでいます。

専大松戸野球部の同学年では、県内の強豪チームでも有名な選手が揃います。

 

そんな中、体格的に小柄な大森駿太郎選手は、それを持ち味にして十分に活かしきっています。

チームの勝利への結びつけれる力は、選抜高校野球2021でも攻撃の起点として注目です。

専大松戸野球部2021の注目選手:吉岡道泰

続いての専大松戸野球部注目選手は、2019年1年の頃からベンチ入りしている吉岡道泰選手。

この秋の大会でも、4番として5割近い数字を残し活躍。

左打者で広角に打てる技術は、180cmを超える長身の体格を自身でうまくコントロールできるセンスを持ち合わせている証拠。

 

吉岡道泰選手は、主力として打力が武器でもありますが走攻守揃った選手。

関東を制した健大高崎の強さを目の当たりにしたスラッガー。

春の甲子園・センバツ高校野球大会での活躍に注目したいですね。

 

専大松戸野球部2021の注目選手:加藤大悟

大森選手と同じく、松戸市内の中学軟式野球部出身で千葉県選抜も選ばれた経歴がある加藤大悟選手。

捕手出身の選手が多くいる中で、この秋の大会は背番号2をつけ出場。

打順は、9番ながらも健大高崎戦では2安打の活躍。

 

そして、何と言っても深沢投手の2試合無四球完封を1年生ながらに支えた力。

その力は、今後の練習・大会を通じて成長が楽しみです!

競争の激しいチーム内において、この選抜大会にて守りの中心を担っていく加藤捕手に注目です。

スポンサーリンク

専大松戸高校野球部2021のチーム特徴

全国でも神奈川と同様に、高校野球の激戦区・千葉県にあるのが専大松戸高校。

昔から戦国千葉といわれるように、以前は習志野・銚子商などが全国制覇を成し遂げてきました。

専大松戸野球部は、20年秋の千葉県大会、木更津総合に準決勝で敗れたものの順位決定戦で3位となり関東大会へ。

 

鹿島学園・鎌倉学園を破り準決勝に駒を進め、関東を制した健大高崎に敗れてしまいました。

ですが、秋の関東大会でベスト4になったことで選抜大会に初出場が決定!!

ここ数年、現在現役でも活躍するプロ野球選手を輩出。

 

競合チームからも入部を希望する選手も多いが、1学年毎の定員を定めている専大松戸高校野球部。

入部時点で競争を勝ち抜いてきただけに、選手の自覚とともに県内でも人気の高校野球強豪校です。

 

現在、率いているのが持丸監督。

竜ケ崎一・藤代・常総と渡り2007年より専大松戸高校野球部の監督に就任。

その手腕は、選手の能力を引き出す事でチーム力を高めていきます。

専大松戸高校野球部メンバー2021 出身中学・注目選手 まとめ

選抜高校野球に初出場を決めた専大松戸高校野球部。

入部の段階から競争が始まっているので、すでに力を持った選手たちの集まり。

バランスの良い選手層で、初出場の春の甲子園・センバツ高校野球2021での戦いぶりが楽しみですね。