野球

早川隆久(早稲田大学)の経歴・成績!スカウトの評価・ドラフト候補か?

プロ野球ドラフト2020は、大学生に有望選手が揃っています。

特に投手の即戦力候補が目白押し!

中でも、ピカ1に推すのは早川隆久選手(早稲田大学)です。

高校時代から注目されていましたが、大学に入ってさらに成長を遂げた早川隆久投手。

 

ドラフト2020での上位指名は確実と言っても良いでしょう。

そこで、今回は早川隆久選手の経歴やプロフィール、特徴や成績はどんな感じなのか。

さらに、スカウトの評価などについてもご紹介していきます。

早川隆久(早稲田大学)の経歴

まずは、早稲田大学・早川隆久選手のプロフィールや経歴からご紹介します。

早川隆久選手 プロフィール

読み方:はやかわ たかひさ

生年月日:1998年7月6日生まれ

身長/体重:179cm/72kg

血液型:B型

所属:早稲田大学スポーツ科学部3年

ポジション(投打):投手(左投左打)

出身高校:木更津総合高校

経歴:上堺SBCソフトボールクラブ(小学校1年入部)
→横芝中(軟式野球)

出身地:千葉県山武郡横芝光町

では、早川隆久選手(早稲田)の実績を見てみましょう。

早川隆久/早稲田大の実績(高校)

早川隆久投手の高校時代(木更津総合高校)での実績は次の通りです。

1年秋 エースとして県大会優勝
関東大会準優勝公式戦8試合に登板
3試合完封、36回自責点0、34奪三振
2年春 センバツ出場
対岡山理大府戦(1回戦)7回3失点勝利
対静岡戦(2回戦)5回3失点敗戦
2年秋 県大会優勝
関東大会優勝
明治神宮大会1回戦敗退(対大阪桐蔭)7回4失点
3年春 センバツ出場
対札幌第一(1回戦)2失点完投勝利
対大阪桐蔭(2回戦)1失点 完投勝利
対秀岳館(順々決勝)2失点サヨナラ負け
3年夏 甲子園出場
対唐津商戦(2回戦)完封
対広島新庄(3回戦)完封(日本ハム堀瑞輝と投げ合う)
対作新学院(準々決勝)3失点敗退アジア選手権 対中国戦、2回無安打4奪三振
優勝に貢献する

2年連続センバツ出場を果たし、3年春には明治神宮大会で敗れた大阪桐蔭に雪辱を果たしています。

春、夏2期連続のベスト8入りは高く評価されるものでしょう。

 

特に夏の2試合連続完封は、早川隆久選手へのプロの評価を上げたに違いありません。

連戦ではないもののあの酷暑の中、素晴らしいピッチングでした!

唐津商業戦では、143kmをマークするなど成長ぶりをみせています。

 

国際大会となるアジア選手権の日本代表にもなり、優勝にも貢献したのですが・・・。

早川選手は大学進学という進路を選びました。

 

それは、高校日本代表に選出されアジア選手権に臨む大学代表との壮行試合で先発し、大学生に打ち込まれたことも一因に。

また、他の投手が抑えたこともあり力の差を感じたのだとか。

早川隆久選手は、プロ入り表明はしませんでした。

 

因みに、その時のメンバーは・・

  • 今井達也(作新学院⇒西武)
  • 寺島成輝(履正社⇒ヤクルト)
  • 堀瑞樹(広島新庄⇒日本ハム)
  • 藤平尚真(横浜⇒楽天)

 

といずれもドラフト1位指名でしたね。

高校生が、ドラフト1位に4人も指名されたのは史上初めてのことでした。

果たして4年後、どうなっているのか興味あるところです。

スポンサーリンク

早川隆久の早稲田大学での経歴

早川隆久選手ですが、早稲田大に進学し1年の春からリーグ戦に出場しています。

開幕戦の法政大戦で神宮デビュー、1回2/3、4奪三振でした。

東大1回戦では、先発し8回途中まで力投し4失点11奪三振で初勝利をあげてい
ます。

 

2年秋の対慶応大戦では、自己最高の149キロをマーク!

さらに球速を上げて、成長を遂げてきています。

3年春からは先発に起用され、昨年度(2019年)の日米大学野球にも出場しました。

早川隆久の早稲田大学での成績

早稲田大学での早川隆久選手の成績は次の通りです。

リーグ戦通算:44試合 7勝12敗 155回2/3 防御率3.18

2019年日米野球 2試合 9回 防御率0.00
2019年春季リーグ 8試合 3勝2敗 51回2/3 防御率2.09
2019年秋季リーグ 7試合 2勝4敗 45回 防御率3.00

リーグ戦通算では負け越していますが、昨年(3年時)は防御率も安定していま
す。

奪三振率が10を超えていて1試合に換算すると、1イニングに1個以上三振を奪っていることになります。

これは見事な数字といって良いでしょう。

 

さらに、与えた四死球も1試合換算で2個少々と安定しています。

最上級生となった今年、この数字をどこまで伸ばせるか早川隆久選手の活躍が楽しみです。

早川隆久投手の特徴は?

ここまで早川隆久投手の実績を追ってきましたが、さらに詳しく迫ってみましょう。

まず、早稲田大学の早川選手といえば、目につくのは探求心旺盛な点です。

向上心の塊というべきか、いろいろな方からアドバイスを受けたり自分でもよく研究しています。

 

まず、早川隆久投手(早稲田)のピッチングの特徴は、回転数の多いストレートと多彩な変化球です。

球種ごとにご紹介しますね。

早川隆久のストレート

球速以上に、最近話題になっているのが回転数です。

早川投手のストレートの回転数は、プロの平均以上のものがあります。

投球の軸となるだけに理想は高く、大学のOBでもある同じ左腕の和田毅投手(ソフトバンク)のミットに突き刺さるような直球をイメージしています。

和田投手のフォームを参考に下半身主導を意識しています!

 

早川隆久のカットボール

カットボールは、大学入学時から取り組んできた変化球。

3年生になって捻る感覚ではなく切る感覚をつかみ、ようやくイメージ通りの球になってきました。

これによって、直球の軌道で打者の手元で曲がるようになり打者を惑わせます!

早川隆久のカーブ

早稲田大の早川投手のカーブは、高校時代からの真上から落とすイメージに、逆回転の直球を投げる感覚をプラスしています。

これは森下暢仁(広島)から握り方をアドバイスしてもらったそうです。

スピン量の多いカーブを投げられるようになっています。

スポンサーリンク

早川隆久のチェンジアップ

パームボールのように親指と薬指で挟み、抜く感じを大切にして投げています。

腕の振りは直球と同じで、鋭く落ちる変化球を放ちます。

他の投手のスプリット、フォークのような感じですね。

早川隆久のコントロール

早川隆久投手の武器のひとつに、制球力の良さが挙げられます。

これはキャッチボールに起因しています。

先述したように、常に下半身を主導に意識して上半身が連動されるフォームづくりを徹底して来た賜物!

 

ここまで大きな故障もなく投げて来られたことも、大きな要素となっているでしょう。

故障には細心の注意を払って、日々練習に励んでいる早川隆久(早稲田大)。

 

腕だけで投げると肘肩にダメージがかかる点、下半身を意識することで故障を防いでいるそうです。

また、週1回は整体院に通い、メンテナンスを施して自己管理を徹底しています。

早川隆久(早稲田)の成長ぶりは小宮山監督就任が大きい

昨年から早稲田大学監督に就任した小宮山悟監督の存在は、早川隆久投手にとって大きなプラスになったといえます。

小宮山監督は、1浪して早稲田大に入学。

その後、ロッテにドラフト1位で入団し、横浜を経て大リーグにも籍を置かれていました。

 

引退後は理論派の解説で定評があった小宮山監督。

そのような経験豊富、かつ同じポジションの監督から直接アドバイスを受けられるという環境は大きいでしょう。

 

特に試合でのデータ分析によるフォームチェックは、本人の気づかない点が多く成長の足掛かりになっています。

さらに4年となる今年、早川隆久投手は主将に指名されました。

小宮山監督も主将を務めた経歴がありますが、チームをまとめる経験はプロを目指す早川選手にとってプラスになるでしょう。

スポンサーリンク

早川隆久(早稲田大学)のスカウトの評価

さて、プロのスカウトは早稲田大学・早川隆久投手をどのように評価しているのでしょう。

スカウト陣からは、こんな声があります。

日本ハムスカウト
「キチッと投げれる左投手が少ない現状から、貴重な存在として評価が上がってくるでしょう。」

オリックススカウト
「高校、社会人を通しても今年No.1だろう。」
ロッテスカウト「投球のバリエーションが豊富、打者の手元での体感が違う。」
と、好評価を得ています。

3年生までの実績でこの評価ですから、それを考えると末恐ろしい気がします。

間違いなくドラフト候補に挙がるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

早川隆久(早稲田大学)の経歴・成績・スカウト評価のまとめ

早稲田大学の早川隆久投手についてご紹介してきました。

高校からすでに注目を浴びていましたが、大学進学を選んだ早川隆久選手。

早稲田大学では、着実に成功を遂げプロ野球ドラフト会議2020では、上位指名候補とみて良いでしょう。

 

秋のドラフト会議2020までに、どんな選手になっているのか。

今後の早川隆久選手の活躍に、注目と期待が集まりますね!