野球

山崎伊織(東海大学)の経歴・成績!スカウト評価・ドラフト指名は?

東海大学の「山崎伊織投手」は、逸材の揃う今季の大学生の中でもピカ1の快速右腕。

自慢の快速球やスライダーのキレは、かの「伊藤智仁投手(元ヤクルト)を彷彿させます。

そのスリムな体型からは想像つかない威力です!

 

今回は、そんな山崎伊織(東海大学)の経歴や成績、スカウト評価はどうなのか。

また、ドラフト指名はどうなりそうかなどについてご紹介していきます。

山崎伊織(東海大学)のプロフィール・経歴

まずは、東海大・山崎伊織投手のプロフィールからご紹介します。

山崎伊織のプロフィール

読み方:やまざき いおり

生年月日:1998年10月10日生まれ

身長/体重:181cm/72kg

所属:東海大学

ポジション(投打):投手(右投左打)

出身高校:明石商業

出身地:兵庫県明石市

山崎伊織(東海大学)の経歴を見ていきましょう。

東海大の山崎伊織選手が、野球を始めたのは小1のころ。

小学校に入学すると「人丸ウィングス」で軟式野球を始め、中学は「明石ボーイズ」で硬式を握りました。

山崎伊織の経歴:高校時代は控え投手

明石商では1年秋からベンチ入りし、2年夏・兵庫大会3回戦の対明石西戦では9奪三振完封勝利を飾っています。

山崎伊織選手は、控え投手ながら注目を集める存在でした。

 

秋は県大会で優勝し、近畿大会は準決勝まで進出。

3試合に登板6回2失点でしたが、主戦は「吉高壮投手(現日体大)」でした。

翌年、明石商がセンバツに出場しベスト8入りしますが山崎伊織選手の登板はありませんでした。

 

なかなか活躍の場が見せられなかった山崎伊織選手でしたが・・。

春の県大会は準々決勝、決勝と完封!

23回投げ23奪三振2失点と地力をみせました。

 

山崎伊織の経歴:明石商での最後の夏は肘痛で活躍できず

最速も148キロを記録し、夏はエースかと思いきや・・・山崎伊織選手に不運が襲います。

伸び盛りの最後の夏を前に、肘を痛めてしまったのです。

そのため、近畿大会は投げることができませんでした。

 

夏の予選も肘が完治せず、肘の痛みに悩まされましたが・・。

ならばと打者でアピール!と思い打率0.428と奮闘。

ランニングホームランを記録し、チームに貢献します。

 

しかし、決勝戦は2-3で市立尼崎に敗れ甲子園はあと一歩のところで逃してしまいました。

結局、山崎伊織選手の最後の夏は、決勝戦の9回に1イニング投げただけでした。

 

打撃でも非凡な才能をみせた「山崎伊織選手」ですが、プロの誘いもありました。

が、そこでプロ志願届は出さず、大学で投手として挑む道を選択します。

やはり投手として、不完全燃焼で終わったこともあったのでしょう。

スポンサーリンク

山崎伊織 東海大での成績・実績

山崎伊織選手の東海大に入ってからの成績・実績(年度別)は、以下の通りです。

通算 17試合 11勝1敗 107回2/3
防御率1.09 94奪三振

2年春 5試合 3勝0敗 26回2/3
防御率0.68(3位) 19奪三振
2年秋 2試合 1勝0敗 8回
防御率3.38 5奪三振
3年春 5試合 3勝1敗 29回
防御率2.17(8位) 24奪三振
3年秋 5試合 4勝0敗 44回
防御率0.20(1位) 43奪三振

 

山崎伊織(東海大) 代役でのデビュー

山崎伊織投手ですが、大学進学時は肘の具合が思わしくなく1年の11月までピッチングができませんでした。

2年春で上級生の怪我により、代わりの先発としてマウンドを踏むことに。

 

すると、3勝 防御率も0.68(3位)とすばらしい大学デビューを飾ります。

元々の実力に加え1年間投げれなかった間に、相当走り込んで基礎体力が培われたのではないでしょうか。

 

山崎伊織 日米野球出場

3年春は、チーム最多の3勝をあげMVPを獲得し全日本大学選手権大会にも出場。

ベスト4入りを果たすという実績を上げています。

さらに、日米大学野球大会で侍ジャパンにも初選出されています。

 

関係者を驚かせたのは、強化合宿中に行われた紅白戦で5者連続三振!

しかも、すべて空振りで奪うという圧巻の投球をみせたのです。

 

たちまち、山崎伊織(東海大)がスカウト間で評価が上昇したのはいうまでもないでしょう。

本番では3試合すべてリリーフで登板し、無失点で抑える力投を見せました!

山崎伊織(東海大)は2季連続MVP

山崎伊織投手ですが、秋にはさらに飛躍を遂げます。

このシーズンでは、5試合投げ自責点わずかに1(防御率0.20)という驚異的な成績でした。

4勝(0敗)をあげ、優勝に貢献して2季連続のMVP、最優秀投手、ベストナインに輝いています。

 

山崎伊織の成績でその凄さを象徴するような試合となったのが、開幕カードの大東大戦。

この試合で、1安打15奪三振(8回まで無安打)の見事なピッチングでした。

山崎伊織(東海大)の底知れぬ実力をまざまざと見せつけましたね。

スポンサーリンク

山崎伊織投手(東海大学)の特徴は?

ここまで、東海大・山崎伊織投手の実績を追ってきました。

さらに、山崎伊織の投球内容をみてみましょう。

 

山崎伊織投手のフォーム

細身の体型で、ワインドアップからゆったりと足を上げていきます。

そこから思い切り腕をスリークウォーターの角度で振り切るのが、山崎伊織投手の特徴です。

 

それは帽子がしばし飛ぶほどで、この鋭い腕の振りが150キロ超のスピードボールを生み出しています。

また、直球も変化球も同じ振り切りであるため、三振が奪える要因となっています。

 

山崎伊織投手のスライダー

変化球の種類は多いのですが、なかでもスライダーは一級品です。

あるスカウトは「高速スライダーの代名詞となった、かつての伊藤智仁投手(元ヤクルト)と似ている」と言っていましたね。

大きく横に変化し、打者にとって最も打ちにくい球となっています。

 

山崎伊織投手の制球力

山崎伊織投手のピッチングの大きな特徴に、コントロールの良さが挙げられます。

速球派投手にありがちな制球力の乱れが全くなく、制球力もばっちり!

山崎伊織投手の3年秋のデータをみれば一目瞭然です。

 

このシーズンは、1試合換算すると4.50安打、8.80奪三振、1.64四死球です。

つまり、1試合2個のフォアボールは与えていないということです。

これは安定感を示すものですし、防御率の良さを裏付けていますね。

スポンサーリンク

山崎伊織(東海大学)スカウトの評価・ドラフト指名は?

山崎伊織投手(東海大)は、プロのスカウトの評価も高まっています。

中日スカウト

「最近見たことがない手元で真横に曲がるスライダーは素晴らしい。 かつての伊藤智仁のようなしなやかさがある。」

 

阪神スカウト

「ボールが指にかかった時の投球はものの見事だ。」

 

ソフトバンクスカウト

「ドラフト上位指名間違い無し。」

 

これほどの速球派で、実績のある投手はどこの球団も欲しいはずです。

ドラフト会議2020では、1位指名でないと取れないでしょう。

ただ、現在は右肘じん帯部分断裂の怪我によりその点も心配されまずが・・ドラフト1位指名は堅いか・・?

山崎伊織(東海大学)ケガとの闘い

お話した通り、東海大の山崎伊織投手は怪我との戦いが続いています。

実は、2019秋のシーズン後から山崎伊織投手はボールを握っていません。

明治神宮大会も出場なし・・・右肘じん帯部分断裂という怪我を負いました。

 

現状、まだ試合復帰は難しい状況とのこと。

田中将大投手(ヤンキース)、大谷翔平投手(エンゼルス)も受けた治療(PRP注射)を開始しています。

 

山崎伊織投手は、前向きで取り組みたい。6,7月頃復帰できたらと思っている。と冷静に前を向いています。

非常に心配ではありますが、スポーツ少年団の頃から怪我と向き合い乗り越えてきた山崎伊織投手。

この試練もきっと乗り越えてくれると信じています。

 

この怪我によるドラフト2020のスカウト評価は、変わらないとみられています。

恐らく、ドラフト1位指名の可能性が高いでしょう。

山崎伊織投手は、それ程の投手といっても過言ではありません。

スポンサーリンク

山崎伊織(東海大学)経歴・成績・ドラフト指名のまとめ

山崎伊織投手(東海大学)について、お伝えしました。

高校時代は、不完全燃焼に終わった山崎伊織投手でしたが、大学で2季連続MVPなど目覚ましい活躍ぶりで存在感を発揮しています。

スカウト評価も高く、ドラフト会議2020では1位指名となりそうです。

 

右肘じん帯部分断裂の怪我を負い、現在治療中ですが・・・。

怪我から復帰し、ひと回り成長した山崎伊織投手の雄姿を見るのを楽しみに温かく見守っていきましょう。