野球

来田涼斗(明石商)の出身中学・シニアやホームラン数は?スカウト評価も!

公立の星ともいえる最強トップバッター明石商の来田涼斗選手。

兵庫・明石商は、今春の選抜高校野球が開催していれば4気連続の甲子園でした。

その中心選手の一人が来田涼斗でチームメイトの中森俊介と共に、4季連続の甲子園登場のはずでした。

 

すなわち、1年夏から甲子園の土を踏んでいるのが、来田涼斗選手(明石商)。

今回は、その来田涼斗(明石商)の出身中学・プロフィールやホームラン数などの成績、守備面やドラフト・スカウト評価についてお伝えします。

来田涼斗(明石商)の出身中学・プロフィール

まずは、来田涼斗選手(明石商業)のプロフィールからご紹介します。

来田涼斗選手のプロフィール

読み方:きた りょうと
生年月日:2002年10月16日
身長/体重:180cm/82kg
所属:明石商業
ポジション:中堅手(センター)
投打:右投左打
出身中学:神戸市立長坂中学校
出身地:兵庫県神戸市
家族:両親/兄

では、来田涼斗(明石商業)の経歴も見ていきましょう。

来田涼斗(明石商)の経歴:兄の影響で野球を始める

明石商業の来田涼斗選手が、野球を始めたのは小学校1年生の頃。

3つ上の兄・渉悟(しょうご)さんの影響で、「明舞ネオボーイズ」で野球を始めています。

 

小学校時代は、投手と内野手をやっていました。

6年生では、「オリックスジュニア」に選ばれて全国大会にも出場!

来田涼斗(明石商)の出身中学・シニア

来田涼斗ですが、出身中学は神戸市立長坂中学校、出身シニアは神戸ドラゴンズです。

長坂中学校に上がると、来田涼斗選手は硬式の「神戸ドラゴンズ」へ所属。

 

神戸ドラゴンズでは、主に外野手を任されていました!

そして、中学2年生の時には全国大会で優勝しています。

来田涼斗の経歴:兄の涙をみて進路を決断

来田涼斗選手ですが、中学のシーズン終了時には30数校から誘いがありました。

その中には、後に対戦することになる「大阪桐蔭」「履正社」など、いわゆる高校野球有名校も・・。

「明石商業」に決断したのは、兵庫県大会決勝の兄の姿でした。

 

この大会で「明石商」は、惜しくも決勝で敗れてしまいます。

この試合を見て、兄の雪辱のためにも「明石商」で甲子園に行くと決め、その日「兄ちゃんオレ、明石商へ行くわ。」と言ったのだとか。

 

そして、明石商業への進学を決めたのにはもう一つ理由も。

それは、狭間監督の熱心に部員一人一人を細かく指導する姿勢に惹かれたからです。

スポンサーリンク

来田涼斗(明石商)高校での成績・実績

明石商業・来田涼斗選手の高校に入ってからの成績・実績がこちらになります。

来田涼斗(明石商)での実績:1年夏から甲子園出場

兄の想いも背負って明石商に入学した「来田涼斗選手」ですが、春早々から背番号20番でベンチ入り。

夏前には、明石商野球部のレギュラーを獲得します。

120数名いる部員の中で、1年生が正選手になるのは並大抵のことではありません。

 

夏の兵庫大会は全6試合でトップバッター(左翼手)を務め、打率0.350打点4の活躍をみせ、初優勝を果たします。

ですが、甲子園では初戦の「八戸学院光星」戦に8-9で敗れ姿を消しました。

 

この試合、4出塁と活躍をみせますが・・・。

10回に、自らの失策で決勝点を与えてしまいました。

来田涼斗選手にとっては、この時の失策がそれ以降の糧となっています。

来田涼斗 明石商での実績:3季連続の甲子園出場

秋からは、明石商の中堅手となった来田涼斗選手。

打率2割ながら、近畿大会決勝まで進みます。

特に準決勝の「智弁和歌山」戦は劇的でした。

 

ライトオーバーの3ランと右越え3塁打で、計5打点を上げセンバツ当確の立役者なりました。

そして、高校2年生になると、春夏とチームを甲子園へと導きました。

さらには、甲子園で連続ベスト4入りしています。

 

圧巻だったのは、2年春のセンバツでの来田選手の活躍ぶり。

準々決勝、智弁和歌山戦で先頭打者ホームランと、試合を決めるサヨナラホームランを見事一人でやってのけたのです。

長い高校野球の歴史の中でも、春夏を通じて初めての快挙を成し遂げたのが来田涼斗選手!

 

先頭打者ホームランを含む2本のホームランでも、センバツでは藤原恭大選手(大阪桐蔭→ロッテ)だけ(夏3人)。

プロでも一例あるのみの大変な記録を打ち出したのは素晴らしい!!

 

俄然、来田涼斗(明石商)へのスカウトの目が注がれるようになったのは言うまでもありません。

夏には、あの優勝した「履正社」との一戦でもホームランを打っています。

そして、2019年秋・新チームになって主将となり、近畿大会もベスト8入りしセンバツ出場も決めていました。

 

来田涼斗の明石商業高校での成績

来田涼斗の明石商での主な実績が以下の通りです。

1年春 近畿大会 1試合 打率0.200
1年夏 西兵庫大会 6試合
打率0.350 4打点
甲子園 1試合 打率0.500
1年秋 兵庫大会 5試合 打率0.250
近畿大会 4試合
打率0.235 5打点 1本塁打
2年春 甲子園 4試合
打率0.357 8打点 2本塁打
2年夏 兵庫大会 7試合
打率0.320 5打点
甲子園 4試合
打率0.353 1打点 1本塁打
2年秋 兵庫大会 5試合
打率0.438 3打点
近畿大会 2試合
打率0.333 2打点
スポンサーリンク

来田涼斗(明石商)のホームラン数や守備は?

それでは、「来田涼斗選手」はどんな選手なのかさらに詳しくご紹介します。

来田涼斗(明石商)のホームラン数

明石商業・来田涼斗選手のホームラン数ですが、2年秋のシーズン終了までに甲子園の3本を含めて29本打っています。

来田選手のパワー、そして広角に打てる打撃には定評があります。

来田涼斗の打撃1:監督も認める勝負強さ

明石商の狭間監督は、来田涼斗選手のバッティングについてこのようにおっしゃっています。

「体幹がしっかりしているから強いスイングができる。
体が強いからどんな投手にも対応できる。最大の特徴は勝負強さです。
ここぞという時に打ってくれる。
練習試合で打てなくても、大会ではちゃんと結果を残せる。」

 

勝負強さ=メンタリティーの高さがうかがえます。

指揮官にとっていかに頼もしい存在かがわかり、信頼度バツグンといったところでは?

来田涼斗の打撃2:理想的なタイミングの取り方

来田涼斗選手のフォームをみてみますと、スクエアスタンスでオーソドックスにゆったりとした構えです。

そして、バックスイングで充分に軸足に体重が乗っていますね。

この体重移動こそ、タイミングを取る上で鍵となります。

 

軸足に力を溜めることで体が前に突っ込まず、手元までボールを呼び込むことができ投球を長く見ることができるのです。

従って変化球の対応も広角打法も可能に!

 

タイミングの取り方は理に叶っていると言えます。

そして投手によっては、ノーステップで対応するように臨機応変さを来田涼斗選手は持ち合わせています。

来田涼斗は俊足と強肩も強み

来田涼斗(明石商)は、50m5.9秒、一塁到達4.05秒の俊足。

それ以上に目を引くのは、ベースを回った後の加速です。

この加速度を見れば、明石商・来田選手に2塁3塁打が多いのも頷けます。

来田涼斗の守備面は?

来田涼斗(明石商業)の守備ですが、守備でも得意の俊足を活かし貢献しています。

遠投100mの強肩と相まって、来田選手は守備範囲の広さも魅力といえるでしょう。

来田涼斗(明石商)は人間性も魅力あり

明石商野球部の狭間監督は、来田選手をかわいい・憎めないやつと表現。

さらには、専売的なスター性を持っているというほど。

来田涼斗選手は、監督のみならずチームメイトなど誰にでも好かれやすい性格のようですね^^

 

それ人望ゆえに、新チームの主将に指名されたのではないでしょうか。

また、甲子園では来田涼斗選手(明石商)のこんな光景も目にしています。

 

「来田涼斗選手」は守備に就く時、必ず丁寧におじぎをします。

こういう謙虚な姿勢を見ていると、より明石商・来田涼斗選手を応援したくなりますね。

スポンサーリンク

来田涼斗選手のスカウトの評価・ドラフトは?

来田涼斗選手(明石商)ですが、スカウト評価ですが・・・。

全12球団がマークしているのは間違いないでしょう。

いくつかスカウト評価をご紹介します。

巨人スカウト

「足があって、馬力がある。野球を楽しそうにやっているのが何よりいいです。 木製バットに対応できそうなスイングをしています。」

ロッテスカウト

「パワーに加えて、スピードもある。上位候補です。」

中日スカウト

「コンパクトに振って長打になる。一打欲しいところで打ちますし、いいバッターです。」

オリックススカウト

「オリックスジュニア出身の来田が入団となれば夢のある話です。」

 

現段階の来田涼斗選手のドラフト予想ですが、隠れ1位的存在かなという気がします。

熱心なのは地元オリックス、中日、日本ハムあたりではないでしょうか。

スポンサーリンク

来田涼斗(明石商)成績やドラフト・スカウト評価 まとめ

明石商業・来田涼斗選手についてお伝えしました。

2020年は、異例の事態でセンバツが中止になり、「来田涼斗(明石商)」の雄姿が見れなくて残念でしたね。

 

夏の開催も、正直不透明ではありますが・・・。

無事開催に至り、さらに成長した姿を披露してくれることを期待しましょう。

最強トップバッターとの呼び声も高い来田涼斗選手ですが、今後の成長が楽しみですね。