野球

八戸西高校野球部メンバー2021の出身中学一覧!注目選手・監督も

21世紀枠で選抜高校野球2021に初出場が決まった八戸西野球部。

八戸西野球部は、スポーツなどを通しての支援学校との交流が評価され21世紀枠でセンバツに選ばれました。

 

青森の公立校としては、35年ぶりのセンバツ出場。

堅守と強打が持ち味の八戸西野球部の戦いぶりが楽しみですね。

今回は、そのセンバツ高校野球大会に出場する八戸西高校野球部メンバー2021の出身中学やシニア一覧表、注目選手・監督情報とともに展望を示します。

八戸西高校野球部2021メンバーの出身中学・チーム一覧

21世紀枠でセンバツ高校野球(春の甲子園)出場の切符を手に入れた八戸西高校野球部。

2021年度のベンチ入りメンバー(登録メンバー)の出身中学・出身チームの一覧がこちら。

以下の出身中学・出身シニアの表は左右にスライドできます。

背番号 選手名 ポジション
投打
出身中学
出身チーム
出身地
1 福島蓮(3) 投手
右/右
八戸市立湊中 青森
2 藤本楓都(3) 捕手
右/右
八戸市立市川中 青森
3 廣田大和(3) 内野手
右/右
八戸市立第三中 青森
4 宮﨑一綺(3)
内野手
右/右
八戸市立下長中 青森
5 桐山大空(3) 内野手
右/左
八戸市立根城中
八戸東リトルシニア
青森
6 相前雄一朗(3) 内野手
右/右
八戸市立明治中 青森
7 西谷泰成(3) 外野手
左/左
八戸市立白銀中 青森
8 村上歩夢(3) 外野手
右/左
沢市立第二中 青森
9 下井田大和(3) 外野手
右/左
八戸市立下長中 青森
10 津嶋優吉(3) 外野手
右/左
外ヶ浜町立蟹田中
青森戸山リトルシニア
青森
11 髙間舘好誠(3) 投手
右/左
三戸町立三戸中 青森
12 大釜温斗(3) 捕手
右/右
五戸町立五戸中 青森
13 出貝尋(3) 内野手
右/右
八戸市立第一中 青森
14 石屋尚士(3) 内野手
右/右
八戸市立小中野中 青森
15 中田雄大(3) 投手
右/右
八戸市立大館中 青森
16 山口康太(3) 内野手
右/右
八戸市立白銀中 青森
17 冨田侑太郎(3) 外野手右/右 八戸市立白銀南中 青森
18 平内友悠(3) 投手
右/右
八戸市立下長中 青森

=主将

スポンサーリンク

八戸西高校野球部2021の注目選手・展望

センバツ高校野球大会2021、脚光を浴びそうな八戸西野球部の注目選手をご紹介していきます。

八戸西野球部2021の注目選手:福島蓮

八戸西野球部のエースで、189cmの長身・最速143キロを誇る注目右腕が福島蓮投手。

同校の東北大会・選抜出場に大きく貢献した同投手の特徴は、その長身と長い腕を振り下ろして投げる直球。

そして、縦の変化球交えて打者を翻弄する投球にあります。

 

この冬を乗り越えて、更に体力は強化に着手しているだけに、センバツ甲子園での最速更新も期待されます。

プロ注目の選手でもあるので、センバツでの福島蓮投手の投球に注目です。

 

八戸西野球部2021の注目選手:廣田大和

投打にバランスの取れたチームの八戸西。

そんなチームの秋の大会で打の中心となったと言えるのが、廣田大和選手です。

県大会では、2本の本塁打を放ち、決勝の好投手・八戸光星戦においてもチームに貢献しています。

 

打の中心でありながら、投げる方では中継ぎでも活躍を見せる廣田選手。

投打にバランスが取れた活躍で注目です。

 

八戸西野球部2021の注目選手:宮崎一綺

秋からチームの主将を務めるのが宮崎一綺選手。

野球部内のアンケートで満場一致で、主将に選出されました。

そのプレーと人柄で、八戸西野球部メンバーをけん引します。

 

調子を崩した時の取り組む姿勢も、主将に選ばれた理由の一つ。

チームを鼓舞する姿と、ピンチの時も冷静かつハツラツプレーでこのチャンスを本物に変えてくれる注目選手です。

スポンサーリンク

八戸西野球部2021の注目選手:下井田大和

チームの主砲を務めるのが、下井田大和選手です。

廣田選手と同じ名前の下井田選手。

廣田選手が、県大会で本塁打を放てば下井田選手も放ち、八戸光星戦でも敗れたものの長打でチームに勢いをもたらせます。

 

福島投手という全国レベルの投手とともに、この冬も強豪校への対策も確りと行っています。

この下井田選手が、打撃で福島投手を後押し!

東北大会ベスト8以上の実力を、春のセンバツ高校野球・甲子園の大舞台で見せてくれると思います。

センバツ高校野球2021 組み合わせ・結果速報!テレビ放送情報も!センバツ高校野球2021の組み合わせ抽選会の結果・各日程の試合結果の速報をしています。こちらでは、選抜高校野球2021の速報と共に、テレビ放送・ライブ配信・ラジオ放送情報もお伝えしています。...

八戸西高校野球部2021の監督

八戸西高校野球部率いるのは、小川貴史監督(1983年生まれ)。

小川監督の母校も、八戸西高校で高校時代に甲子園の出場はありません。

大学は、駒沢大に進みました。

 

大学卒業後は、八戸高等支援学校に勤務しています。

支援学校に務める傍ら、2011年八戸西のコーチに就き、2018年から監督に就任しています。

 

小川監督ですが、部員には厳しい練習を課しています。

もちろん、厳しい練習といっても昔のような強制的練習ではなく、コミュニケーションを図っての自主練習も取り入れています。

 

昨年の夏は、コロナの影響で遠征試合ができなくなると、強豪私学に負けないように朝6時から午後7時まで創意工夫をこらした練習をしてきました。

今年の1月には恒例の書き初めで「鬼」と記し、「鬼監督になるぞ、鬼練習をするぞ」と宣言しています。

スポンサーリンク

八戸西高校野球部2021のチーム特徴・展望

21世紀枠で春夏通じて、甲子園初出場を決めた八戸西高校野球部。

青森山田や八戸光星などで有名な青森の高校。

秋の大会では、決勝まで進むも、その八戸光星に敗れ準優勝。

 

ですが、東北大会ではベスト8にも入り、その準々決勝では強豪校の花巻東(岩手)1-2と善戦惜敗しています。

 

注目は、投手陣は勿論ですがその打撃力。

準決勝まで戦いぶりは各試合で7点以上を奪う猛打っぷりで、他を圧倒して決勝に進んでいます。

 

東日本大震災から10年。

当時、野球を始めたばかり選手達が、自負するチームの明るさで快進撃を見せてくれるはずです。

スポンサーリンク

八戸西高校野球部メンバー2021 注目選手・監督 まとめ

21世紀枠で選抜高校野球2021に初出場する八戸西野球部メンバーについてお伝えしました。

八戸西野球部は、出場選考の基準にもなった支援学校との交流の一環で、支援学校の生徒が練習のボールを補修してくれています。

 

選手たちはそのボールを使って感謝を込めて練習しています。

何よりの恩返しは甲子園での勝利を届けることでしょう。

八戸西野球部は、大会3日目・同じく21世紀枠出場の具志川商(沖縄)と対戦します。