柔道

世界柔道選手権2019男子60キロ級の優勝予想!金メダル候補は?

世界柔道選手権2019が、8月25日より日本武道館で開催。

東京オリンピックも、ここで柔道の試合が行われます。

9年ぶりとなる自国開催ということもあり、ぜひとも日本人に金メダルを獲ってほしいもの。

7階級ある柔道ですが、軽い階級から順に試合が始まりますね。

 

男子でいえば、初日8月25日の60キロ級から決戦の火蓋が切られことに!

そこで、今回は世界柔道選手権2019男子60キロ級の優勝予想をまとめました。

金メダル候補として男子60キロ級の注目の選手は・・?!

スポンサーリンク

世界柔道選手権2019 男子60キロ級は髙藤直寿(日本)が優勝する?

2018年に優勝しているので今回もチャンスはあると思うので優勝候補は間違いないと思います。
後に出て来る人が居ないので60キロでは結構細いので男子では軽いからなかなかいないです。

2017,2018世界選手権”金”の実力者であり優勝候補筆頭でしょう!小内刈と髙藤スペシャル(櫓投:やぐらなげ)を得意としている。
柔道と言えば投げ技などの大技を思わせますが、いきなりの大技はまず決まらないので、じわじわと切れのある小内刈で攻めて、最後
は爽快に1本勝を期待しています。

リオオリンピックの雪辱を東京オリンピックで果たすため頑張ってる!
連勝街道まっしぐらです。豪快な肩車に期待しています!

世界柔道選手権大会やグランドスラムを何度も獲っており、実力も実績も充分です。
高藤スペシャルや直車など独創的な立ち技も素晴らしいが、最近は寝技にも磨きをかけてオールラウンダーの柔道ができる選手だと思います。

世界ランク4位という事と今までの試合の成績などを考えて髙藤選手にしました。髙藤スペシャルで頂点を目指していただきたいです!

やはり日本人に優勝してほしいからでしょう、願望です。得意技は髙藤スペシャルですね。あの技でどんどん相手選手をぶったおしいて優勝を掴んでほしい☆

オリンピックで銅メダル、世界柔道金メダル3回、グランドスラム金メダル9回の実績通りを示せば金メダル間違いないから。

髙藤直寿選手は、スピードといい技のキレ味といい抜群で、いま乗りに乗っているという印象があります。得意の小内がりで優勝するでしょう。

ロシアの強者ロベルト・ムシビドバゼに先月勝っているので、そのままの勢いで優勝できると信じています。永山へのライバル意識もバチバチな状態で、今かなり強いと思われます。圧倒的な内股の一本を見せてほしいです。

日本柔道の強さを見せつけて優勝してくれると信じています。
スピードのある小内刈を鮮やかに決めてくれると思います。

2017.2018世界選手権のチャンピオンですし、小内刈は世界一です。又、オリジナルの技「高坂スペシャル」等も持っており、かなり安心して見てられるのではないかとも思います。

彼の柔道は、予測のつかない、変貌自在な技を駆使し相手を翻弄する試合は帯びだと思っています。

永山選手と互角の差だと思いますが、世界選手権で連覇を達成しているので、ここは敢えて高藤選手推しでいきたいと思います。好きな技は、高藤スペシャル。派手ではありませんが、職人技が光ります。

高藤スペシャルをくりだして欲しい、小さいけどすばしっこいのが彼の持ち味なんで、うまく得意技を挟んで一本勝ち取って欲しいです。

組み手は左組み。得意技は小内刈、巴投げ、肩車で見ごたえのある柔道で安心してみていいます。
優勝間違いないです。

準備がとても大事と言う高藤選手、準備を万全にしているからこそ、大きな試合でも冷静さを保てる事が強い要因だと思います。小内刈に期待したいです。

リオのオリンピックでは敗退したが、ここ2年ほど負けなしなので大本命と言える。特に得意技の小内刈りは裏が取られにくい技なので安定して勝ち上がっていけると思う。

ここ最近の実績をみると一歩抜きん出ている。グランプリモントリオール2019でもムシュヴィドバゼを圧倒し、永山との実力差もまだまだある。内股が気持ちいいくらい決まると思う。

やはり男子60キロ級では、高藤直寿(たかとうなおひさ)選手に期待が集まっています。

優勝予想では、高藤選手が圧倒的な注目度!

あのスピード感ある柔道は、柔道をよく知らなくても楽しませてくれますよね。

キレのある小内刈りを、どんどん決めてもらいたいです!

スポンサーリンク

世界柔道選手権2019 男子60キロ級は永山竜樹(日本)が優勝する?

同じ北海道出身なので期待してます。
昨年は残念ながら、銅メダルでしたが、得意の背負い投げで優勝をお願いします!

若くて元気で今はすごく波に乗っていると思います。様々なタイトルを手にしていますし、間違いなく優勝候補だと思います。

ぜひ背負い投げを決めて欲しいです、綺麗な一本背負いなら更に良いのですが。期待しています。

2018年、2019年とドイツのデュッセルドルフ大会で金メダルを獲得している選手なので、実力は折り紙付きです。

力強くかつしなやかな足の運びは技のキレの良さを予感させます。

得意技である背負い投げがピタリとはまったときの破壊力は抜群なので優勝できると思います。

世界ランキングでも上位なので応援する気持ちも込めて優勝すると思います。

得意技である背負い投げを豪快に決めると思います。

高藤選手に次ぐ実力者。

世界柔道銅メダル、グランドスラム金メダル5回、高藤選手との直接対決を制すれば優勝も見えてくるから

注目したのが、「小さな体を生かした背負い投げ」です。身長は150センチ台なのですが、
その体型を生かし相手の懐へ入り込む瞬間、やってくれるんじゃないか!という期待感が溢れ、見ていてものすごくワクワクします。

平成も終わりに近づいた4月上旬の「全日本選抜柔道体重別選手権大会」

男子60kg決勝では、本人も得意技と言っている「背負い投げ」を見事に決め、令和に行われる今回の世界選手権代表に選ばれたことも記憶に新しいかと思います。

 

そのように日本でトップを取った人物なので、今回の選手権、期待できるのではないかと思い予想させていただきました。

視聴者としては、オール1本勝ちの完全優勝・・なんて思っちゃいますが、永山選手の背負い投げで体格の大きな外国人選手から1本を奪う姿を期待します!

60キロの中でも小柄な選手ですが圧倒的なパワーと体型を生かした潜り込んでの背負投げで勝ち進む力があると思います。

男子60キロ級で、勢いがありメキメキ頭角を現しつつあるのが永山竜樹(ながやまりゅうじゅ)選手。

間違いなくこれからの男子60キロ級を背負っていく存在になるでしょうね。

 

158㎝という小柄な体格ながら、豪快な背負い投げでを繰り出してくれる期待の選手。

綺麗にキマると、応援している方も気持ちがいいですよね!

優勝予想にも名前が挙がり、間違いない注目度。

高藤選手とともに、金メダル候補として力を発揮してもらいたいです。

スポンサーリンク

世界柔道選手権2019 男子60キロ級の優勝予想 まとめ

世界柔道選手権2019が、いよいよ幕明けします!

男女ともに軽量級から日程が組まれていますから、男子60キロ級は初日。

優勝予想1位となったのは高藤選手でしたが、永山選手も金メダルに届く位置にいるのは確か。

 

もちろん優勝争いともなれば、ここに外国人選手も立ちはだかります。

高藤選手・永山選手ともにキレのある柔道をしてくれるので、一本勝ちで勝ち上がってきてくれることを期待しましょう。

スポンサーリンク